北海道労働者福祉協議会|道南ブロック|北海道ライフサポートセンター|生活支援サービス体制|道南ブロック労福協|函館市|北海道

  • 「助け合い」「支え合う」基盤の構築をめざし…
  • 普通に働いて普通に生活できる社会…
北海道労働者福祉協議会
道南ブロック
〒040-0032
北海道函館市新川町2番16号
道南労働福祉会館
TEL.0138-24-8686
FAX.0138-24-8688
■組織沿革:北海道労働者福祉協議会を母体とした地域におけるワンストップサービス(総合生活支援サービス体制)の実現をめざし、2011年10月に「北海道ライフサポートセンター」を設立しました。
これと同時に全道展開を視野に入れながら道内4ブロックをモデルと位置づけ、先行設置として「道南サテライト」が誕生しました。

■活動概要:道南ブロック労福協に事務局をおき、労働団体及び労働福祉事業団体が連携を取りながら、行政機関、専門家やNPO法人など、広範な協力者との『協働ネットワーク』の構築をめざしております。
現在は、「弁護士による無料法律相談」や「何でも労働相談」を中心としながら、地域におけるエコ・キャップ運動支援等を展開しています。
 
 

道南ブロック労福協・関連団体からのお知らせ

道南ブロック労福協・関連団体からのお知らせ
1
 
多くの方々の来場をお待ちしております
2018-09-18
 「第9回食と環境まつり」の開催に向けた準備が進めたれており、道南ブロック労福協としても定番のタコ焼きブースを今年も出店することに決定しました。
 「食」のブースだけではなく、「環境」「体験」のブース等、家族連れでも楽しめる企画を進めております。
 また、吹奏楽演奏や初のステージイベントであるマジックショーも予定しています。
 さらに、子どもが楽しめるゲームコーナーやペットボトルで作るロケット、会場内の環境ブースを回ってスタンプを集めると他では手に入らない景品がもらえるスタンプラリー等々、盛りだくさんの内容です。
 
第9回食と環境まつりの開催決定
2018-08-20
 9回目となる「第9回食と環境まつり」は10月13日(土)に「旧シーポートプラザ前広場」(函館市若松南埠頭荷捌地)で午前11時から開催することが決定しました。
 例年どおり、地元食材を使った「食のブース」や函館の水、森林の重要性、循環型社会をめざすための活動紹介など「環境ブース」の出店を計画しています。また、昨年、試行的に実施した環境スタンプラリーも実施します。
 道南以外からも、釧路からの牡蠣や留萌のタコ飯などの出店も予定しています。
 勿論、道南ブロック労福協としても出店を計画しています。
 
2018アジア・アフリカ支援米活動スタート
2018-06-03
 発展途上国における食糧難や飢餓を撲滅させる取り組みとして、毎年実施してきた「アジア・アフリカ支援米の取り組み」は、今年から七飯町の協力農家、池田誠悦さんの協力を得て、晴天の中、6月2日(土)に作付け作業を行いました。
 作付作業には、家族連れを含めた50名近い参加者により「ふっくりんこ」の苗が植えられました。
 なお、秋までの成長を待って、9月下旬には稲刈り作業を予定しております。
 
ギャンブルと上手につきあうために・・・
2018-05-02
 
 道南ブロック労福協主催の「2017年度ウェルフェアスクール」が、5月12日(土)10時から函館市大森町「サン・リフレ函館」において開催されます。
 今年は、函館博栄会渡辺病院の飯塚聡医師を講師に招いて「ギャンブルと上手につきあうために」と題した生活の為になる講座を予定しております。
 また、ろうきん函館支店から「ろうきんのなりたち」や全労済道南支店から「愛車の補償内容点検セミナー」の講義を予定しております。参加無料となっているので興味のある方は是非おいでください。
 
道南ブロック労福協主催で手話を学ぶ
2018-02-13
 
 道南ブロック労福協主催の「労働者自主福祉担当者及び書記研修」が、2月9日(金)において開催し、約50名が参加しました。
研修会の第1部・第1講座は「ためになる講座」として位置付けられているもので、今年は「簡単な日常の手話について」と題して、函館市手話出前講座を招いて行われました。
講座の中では、聴覚障害を持つ方々の悩みや生活の現状、健常者とのコミニュケーション方法など等について話されたのち、簡単な手話について指導が行われ、挨拶や自己紹介の仕方、名前の伝え方等について実践しました。
「耳が聞こえない」ということは外から見てもわからないし、困っているときも周りの人とコミニュケーションができないため「わかりにくい障害」とも言われています。少しでも理解し、お手伝いのできる活動へ向けた入口づくりとして行われた講座は、「視覚情報」による伝達の難しさを学ぶとともに、手話の意味と形を理解することで簡易な会話を違和感なく受け入れることができたことに多くの参加者からも好評を受けました。
 
無料!法律相談実施中
2018-02-08
●法律相談は函館市内で活躍している4名の顧問弁護士が行います
●法律相談は弁護士による直接面談となります
●電話による相談は行っておりません
●隔週ごとに昼の部・夜の部となります
(昼の部:13:00~/夜の部:17:30~)
●法律相談は毎週火曜日に行っています
 ただし、第5週目の火曜日や祝祭日はお休みです
●相談の申し込みは、前日の月曜日9時からとなります
●お問い合わせは、平常日の9時~17時です
(TEL:0138-22-5723)
●相談は無料で、秘密は厳守されます
【連合北海道函館地区連合会】
 函館市新川町2番16号
  道南労働福祉会館4階
 
無期雇用転換制度目前!
2018-01-29
 無期労働契約とはその名の通り、契約終了の期間が定められていない労働契約です。これに対して、「○年○月○日から1年間」のように契約期間が定められている場合を有期労働契約といいます。
 有期労働契約だと在職中の労働者の立場も不安定ですし、急な契約打ち切りで収入が絶たれることだって考えられます(実際はそうした雇止めを制限する法律もあるのですが)。
 こうしたことを防止するため、平成25年に作られたのが、無期労働契約への転換制度です。これにより、同じ会社で5年間働いた有期契約社員は、会社に無期労働契約への切り替えを申し込むことができるようになりました。申込みといっても、会社側は拒否が認められていないため、実際には有期契約社員の希望次第ということになります。5年間のカウントは平成25年4月1日からなので、転換は、最短で平成30年4月1日以降となります。
 
第8回食と環境まつり開催
2017-10-28
 好天に恵まれた第8回食と環境まつりは、予定どおり10月14日(土)、旧シーポートプラザ前広場で開催され、多くの来場者が訪れ大盛況でした。
 今年は「身近な環境問題」ブースや環境スタンプラリー等、環境ブースの充実をめざして開催されました。今回の開催状況の写真を特集で掲載しました。
 
「道南の光と影」地域活性化フォーラム開催!
2017-08-08
 連合は、2015年から地場産業の活性化と働く者の処遇改善を一層進めるため「地域の活性化には地域の中小企業の活性化が不可欠」をスローガンに取り組みを進め、地域活性化フォーラムを開催してきました。
 フォーラムの開催を通じて、労働者のみならず、行政、企業、住民を含め、あらゆる利害関係者が参加して地域全体の活性化に向けて必要な施策等について対話、意見交換を行い、様々なネットワークを広げることを目的としています。
 今年は、函館市「函館アリーナ(サブアリーナ)」にて、9月14日(木)18時10分から開催し、北海道労福協も後援しています。
 「道南の光と影 -活性化のキーワードは連携ー」と題した、講演や各界を代表する方々が参加するパネルディスカッションを予定しております。多くの皆様の参加をお待ちしております。
 
 
道南ブロック労福協ウェルフェアスクール開催
2017-06-03
 道南ブロック労福協主催のウェルフェアスクールを6月3日(土)、函館市大森町「サン・リフレ函館」で開催し、道南各地から100名を超す参加者が集まりました。
 今回のメインである「私が体験した東日本大震災」と題した講演は、「みらいサポート石巻」の語り部『佐藤麻紀』さんを招いて行われ、震災が発生したその瞬間から遺骨となった実母との対面までを語って頂き、音や臭い等、まるでその場にいるような臨場感のある講話を受けました。
 佐藤さんは「私は防災の専門家ではないので、震災の備えや何を持ち出すべき」というこは説明できないが、「一番大事なものは命」と言い、最後に「今日感じたことを家庭で、一番大事な人と話して欲しい、それが語り部を続ける目的」と語りました。自分がその立場であったらという思いからか、多くの参加者がもらい泣きする講話でした。
1
qrcode.png
http://lsc-donan.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<北海道労働者福祉協議会道南ブロック>> 〒040-0032 北海道函館市新川町2番16号 道南労働福祉会館 TEL:0138-22-5723 FAX:0138-26-1101