北海道労働者福祉協議会|道南ブロック|北海道ライフサポートセンター|生活支援サービス体制|道南ブロック労福協|函館市|北海道

  • 「助け合い」「支え合う」基盤の構築をめざし…
  • 普通に働いて普通に生活できる社会…
北海道労働者福祉協議会
道南ブロック
〒040-0032
北海道函館市新川町2番16号
道南労働福祉会館
TEL.0138-24-8686
FAX.0138-24-8688
■組織沿革:北海道労働者福祉協議会を母体とした地域におけるワンストップサービス(総合生活支援サービス体制)の実現をめざし、2011年10月に「北海道ライフサポートセンター」を設立しました。
これと同時に全道展開を視野に入れながら道内4ブロックをモデルと位置づけ、先行設置として「道南サテライト」が誕生しました。

■活動概要:道南ブロック労福協に事務局をおき、労働団体及び労働福祉事業団体が連携を取りながら、行政機関、専門家やNPO法人など、広範な協力者との『協働ネットワーク』の構築をめざしております。
現在は、「弁護士による無料法律相談」や「何でも労働相談」を中心としながら、地域におけるエコ・キャップ運動支援等を展開しています。
 
 

道南ブロック労福協・関連団体からのお知らせ

道南ブロック労福協・関連団体からのお知らせ
2
 
道南ブロック労福協ウェルフェアスクール開催
2017-06-03
 道南ブロック労福協主催のウェルフェアスクールを6月3日(土)、函館市大森町「サン・リフレ函館」で開催し、道南各地から100名を超す参加者が集まりました。
 今回のメインである「私が体験した東日本大震災」と題した講演は、「みらいサポート石巻」の語り部『佐藤麻紀』さんを招いて行われ、震災が発生したその瞬間から遺骨となった実母との対面までを語って頂き、音や臭い等、まるでその場にいるような臨場感のある講話を受けました。
 佐藤さんは「私は防災の専門家ではないので、震災の備えや何を持ち出すべき」というこは説明できないが、「一番大事なものは命」と言い、最後に「今日感じたことを家庭で、一番大事な人と話して欲しい、それが語り部を続ける目的」と語りました。自分がその立場であったらという思いからか、多くの参加者がもらい泣きする講話でした。
 
「東日本大震災の語り部」さんを招いて
2017-05-15
 道南ブロック労福協主催で開催する今年のウェルフェアスクールは「防災・減災」をテーマに実施します。尊い命を奪い甚大な被害をもたらしたに東日本大震災から6年、熊本県を中心とする九州地震から1年が経過した今日、震災を風化させないため、また、防災意識や必要な自己防衛力を高めることを目的に東日本大震災を体験した語り部さんを招いた講話を予定しています。
 開催日時・場所は、6月3日(土)午前10時~・、函館市大森町「サン・リフレ函館」です。
 なお、この件に関するお問い合わせについては、事務局(TEL:0138-24-8686)までご一連絡下さい。
 
2017アジア・アフリカ支援米の取り組みについて
2017-04-13
 発展途上国における食糧難や飢餓を削減させる取り組みとして、毎年実施してきた「アジア・アフリカ支援米の取り組み」は水田の一部を提供して頂いている協力農家の農法が直播きに変更となったことから、今年の取り組みは、作付け作業を行わず、稲刈りのみを実施することに致しました。
 なお、今年も900kgの支援米を提供する前提で、秋の稲刈り実施については改めてご案内させていただきます。この件に関するお問い合わせについては事務局(TEL:0138-24-8686)までご一連絡下さい。
 
高齢者・囲碁サークル始動開始
2017-03-03
 ライフサポートセンター道南サテライトの「高齢者生き甲斐サポート」第2弾、高齢者囲碁サークルが2月24日に活動を始めました。
 全くの初心者4人を含め、11名で発足。2人の講師からの指導を受けながら、早速、対局が進められました。
 なお、定員に余裕がありますので、興味のある方は事務局(TEL:0138-24-8686)までご一報下さい。
2
qrcode.png
http://lsc-donan.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<北海道労働者福祉協議会道南ブロック>> 〒040-0032 北海道函館市新川町2番16号 道南労働福祉会館 TEL:0138-22-5723 FAX:0138-26-1101